ネット株の取引手数料の仕組み.

ネット株の取引に重要なポイントとして、
手数料の問題があります。

手数料は一度の取引の度ごとに課金されるため、
デイトレードなどで何度も取引する人には見過ごせません。

ネット株の取引手数料が高いと、当然ながら
1回のネット株取引での利益は小さくなってしまうのです。

取引そのものでは差益が出ていても、取引手数料で
差益の一部が相殺されたために、結果的に収支が
マイナスになることも珍しくありません。

株取引の歳には、証券会社の取引手数料はいくらなのか、
そしてどんな条件で手数料が増減するかということを
きちんと知っておく必要があります。

会社ごとに取引手数料の値段、取り決め方、細かな条件は違います。

一日定額制という手数料の形式は、その日じゅうなら
何度取引をしても一定の手数料で売買ができます。
逆に、回数が少なくとも手数料は同じです。

この加算方式は、デイトレードをする日には
集中的に売買をする人に向いています。

あまり頻繁にトレードをしない人や中長期で
保有していたい人、毎日少しずつ取引をしたい人は
約定単位制が向いています。

これは一度の取引ごとに委託手数料が発生するシステムです。

また、定額制の中にもシステムは会社ごとに差があり、
取引の金額によって段階的に金額が設定されているものは
階段制の約定定額システムといいます。

手数料はどれがいいというものではありません。
どれがいいかは取引の形によって違います。

他にも、一定金額までなら無料でネット株取引ができるサービスや、
その日のうちに保有したネット株を決済するなら片道の手数料が
無料になるところもあります。

ネット証券会社ごとの株取引サービス.

まず証券会社を決め、ネット株を行うための口座を開いて
資金を預けることが全ての始まりです。

何はともあれ口座を開設しないと取引は始められません。

使い勝手のよさそうな会社を見つけたなら、
色々と口座を開いてみましょう。

維持費や開設費用は無料のところが多いです。

使ってみなければわからないサービスもありますし、
取引画面の特長も会社毎に様々です。

最初に開設した口座をずっと使わなければ
いけないということはありません。

複数の証券会社に口座を持ち資産を分散させることは
リスクコントロールにもいいですし、
多様なサービスを活用でき快適な取引ができます。

ネット証券会社に証券口座を開くだけで投資情報が
手に入るところもあります。

ネット株の口座を開くに適した証券会社は、
経営体質の安定したところであること、
手数料が安くサービスが便利なところにしましょう。

手数料が安いネット証券会社、投資ツールや
情報が充実しているところなど様々です。

手数料の安さや株取引に必要な情報の提供だけにとどまらず、
証券会社は様々なサービスを互いに打ち出しています。

サービスには、取引に伴ってポイントが貯まり
ネットショッピングや景品交換ができるもの、
快適な取引に役立つ個人別の資産管理ページの
提供などがあります。

ネット証券会社の中には、プロのアナリストが
分析した現在のマーケットの状況についてや、
取引スタイルや株価予想のポイントなどを
まとめているところもあります。

口座開設で使えるようになったサービスは積極的に活用し、
自分に合うものを見つけましょう。

ネット株取引の魅力.


これまで電話か直接窓口で行っていた取引ですが、
近頃はネット株の人気が上昇中です。

証券会社の窓口に行くのは大変だし、何より東京の株式市場が
開いている時間帯は仕事での注文どころじゃない人は、
携帯端末で出先からで手軽にできたり、あらかじめ注文の
設定ができるネット株が向いています。

インターネットによる取引はオンライントレード、
またはホームトレードと呼ばれています。

インターネットで株取引をするネット株の取引量は、
1999年の売買手数料自由化をきっかけに増加の一途を
たどっています。

証券会社もインターネット用の口座を作るようになりました。

最大の魅力はネットに接続できる環境ならどこからでも
取引注文が出せることと、窓口注文より安い手数料ですむことです。

インターネットでの取引ができなかった頃は、
決められた時間内での証券会社の窓口や電話による口頭での
注文がメインでした。

証券会社の担当者のところには株取引の発注ができる
コンピューターがあり、注文を受けながらそ
れを操作するという形です。

しかし、インターネットで注文を受け付けることによって、
人の手を介さずに直接コンピューターに注文が出せるように
なりました。

窓口を介さないので人件費がかからず、安い手数料で
取引ができるのです。

また、窓口で受け付ける時のように口頭で注文を
出さずに済むので、一つ一つ確認しながら自分のペースで
注文操作ができますし、途中で注文を迷ったり決断を
翻したりしても人を待たせるようなことにはなりません。

パソコンの操作さえできれば、今まで株取引の経験のない人でも
自由に取引をすることができます。

株主優待 特典



株主優待をうまく使うと、配当金の利回りより
効率が良いこともあるのです。
じっくり調べて検討してみましょう。

株主優待のおいしい銘柄(2006年11月現在)を、
ここではピックアップしてみました。


 ・日本トイザらスの株主優待(1月)

   トイザらスギフトカード


 ・東京楽天地の株主優待(1月・7月)

   映画招待券、または劇場共通券


 ・米久の株主優待(2月)

   3,000円相当の自社製品引換券


 ・サークルKサンクスの株主優待(2月・8月)

   買物優待カード


 ・タスコシステムの株主優待(6月・12月)

  食事優待券、※食事優待券を自社及び関連会社一部商品と交換可


 ・ソフトバンクの株主優待(3月・9月)

  Yahoo!BBのモデムレンタル料、月額基本料金の無料優待&
1か 月 〜3か月の接続
  料金無料

株主優待の特典を上手にいかしたいですね。

株主優待 サービス



株主優待とは、株を発行している会社のサービスで、
株主にその会社の商品やサービスなどの提供を受けることを
いいます。
会社によって株主優待のサービスはまちまちです。

株主優待として、自社商品、割引券、金券、地方特産品、
お酒、お米、イベント招待券などがもらえることは
よくありますが、アイドルの限定テレカを株主優待として
いる銘柄や、ディズニーランドの入場券といったものを
株主優待にしている銘柄もあります。

株主優待を受けるには、決算時期の権利確定日に
現物で株を持っている必要があります。

実際は権利確定日の5日(営業日)前に株を
買っておかなければなりません。

休日、祝日などを考慮して、1週間ほどみておけば
株主優待が受けられるでしょう。


ネット株の準備



ネット株を始めるとき、まずしなくてはならないのは、
ネット株のできる証券会社に口座を開くこと。
そのほかにもネットが使える銀行などにも
契約しておいたほうが、後々スムーズに取引ができます。

ネット株のできる証券会社では、インターネット決済の
できる銀行を使うと入出金が無料のところが多いので、
よく研究しておきたいですね。

証券会社によって違いますが、ジャパンネットバンクや
イーバンクなどからの入手金は無料になっているところが
多いですね。

次に、ネット株のできる証券会社との契約になりますが、
まずインターネットなどを通じて(電話でも可)
証券会社に資料請求します。

資料が送られてきたら、必要項目を書き、
必要書類を添えて証券会社に返送します。

手続きが終わり次第、再び証券会社から
パスワードやログインIDが書かれた書類と説明書が
送られてきますので、説明に沿ってネット株を始めましょう。


書類の不備等があると、さらに数回証券会社と
書類のやりとりが必要になるので、口座開設までに少し時間が
かかるかもしれません。
早めに申し込みをしておきましょう。

ネット株を有効活用したいですね。


ネット株のメリット



ネット株(インターネット株取引)には、
いままでの証券会社の担当者を通じての取引に比べて
数々のメリットがあるため、個人投資家がどんどん利用しています。


(1)ネット株は手数料が安い

担当者がつかないため、コストパフォーマンスが高く、
電話や窓口などでの注文より
ネット株は手数料が安いことが多いです。


(2)時間が節約できる

証券会社に行かなくても家でネット取引できるので、
時間をかけずに取引ができます。


(3)デイトレードができる

プロが使うツールに近いもので、ザラ場情報もリアルタイムで
入手することが可能なため、即時の発注ができ自宅で
デイトレードができます。


(5)証券会社の思惑に左右されない

 「証券マンの言うとおりに買ったら損をした」という話を
良く聞くことがある。
ネット株では基本的に自分で発注処理をするため、
自分の判断で株を買うことができます。



株式投資のコツ



株式投資をうまくやっていくためには、いくつかのコツを
理解することが必要です。
元金をいかに減らさないかということに焦点を絞って解説します。

 株式投資のコツ

 ・株式投資で大儲けしようと思わないこと

 ・株式投資で損をしそうと感じたら、早めに売ること

 ・株式投資に向かない時期には、株式投資を休むこと

 ・ちょっとした損についてはすぐに忘れて次の計画を練ること

 ・株式投資関係の掲示板の情報を鵜呑みにしないこと

 ・インターネットが得意なら手数料の安いネット証券を使うこと

 ・株式投資をするからには、自己責任で行うこと

 ・はじめは余剰金の投資からはじめること


あらためていわれてみると、実行できそうなことばかりでは
ないでしょうか。
初心者に向いている中期投資からはじめてみるのも、
ひとつのやり方です。

無理のない範囲で株式投資したいですね。



株式投資について


株式投資って儲かりますか」と、聞く人がいます。
また、と聞くと「何だか怖い」と考えている方もいます。

株式投資は、上がった下がったとバクチ的な印象があります。
で一晩に1億円儲けたとか、逆に1億円すったなんて
いうことを聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

株式投資といっても、ハイリスクに近い先物取引、
オプションなどといった株式投資から、
預貯金よりもちょっと利回りの良いくらいで
リスクの少ない株式投資もあります。

株式投資のやり方も、いろいろあるのです。

金利がほとんどゼロに近い昨今、株式投資
非常に魅力的な投資です。

考え方しだいなのですが、株でも欲張らずに
1か月1パーセントの利益を目標に追求すれば、
年間で12パーセントの増益となり、
預貯金のなんと60倍の利息を株式投資で得ることになります。

怖がらずに、よく調べて投資してみるのもいいでしょう。


日経マネー活用法


あなたは日本経済新聞社発行の『日経マネー』や
モーニングスター社発行の『ファンドインベスター』、
リクルート発行『あるじゃん』、
SSコミュニケーションズ発行『マネープラス』、
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドマネー』などの
投資信託関連の新聞・雑誌を読んだことがありますか?

日経マネー』をご存知でしょうか?
多くの人が株や投資信託に興味はあるけれど、
「仕組みがそもそも良く分からない」
「どうしたら利益がでるのかわからない」
「私にもできるの?」「どんなリスクがあるの?」
などの理由で、結局手を出せずにいるのではないでしょうか?

投資の基本とは、正しい知識と的確な情報の入手であると
言われています。
投資信託の仕組みやどんな投資信託があるのかを
知らないままで投資を始めても、十分な投資の成果は
期待できないと言えます。
そこで活用したいのが『日経マネー』などのマネー雑誌です。

日経マネー』のようなマネー雑誌と、
『日本経済新聞』のような日刊紙の違いに
ついてお教えしましょう。

いわゆる新聞の日刊紙は毎日発行されるので、
投資信託の基準価額の情報を手に入れ易く、
対するマネー雑誌は投資にまつわる旬な話題や
投資信託の比較などの情報も得られるものです。

日経マネー』のようなマネー雑誌からさまざまな情報を
集めて投資信託を選択・購入し、その後朝日・日本経済・
読売・毎日などの新聞から投資信託の基準価額の情報を
手に入れ、平行してマネー雑誌からの情報も
キャッチしながら運用していくのが投資成功の方程式です。

日経マネー情報の種類


では実際に『日経マネー』のようなマネー雑誌には
どのような情報が掲載され、それをどのように
活用していけばよいのでしょうか?

情報の種類としては、ファンドアナリストの視点からの
市場の動向、結婚・マイホーム購入などのマネープラン、
各種投資信託のメリットデメリット比較などが多いようです。

日経マネー』をはじめ、各販売会社および投信会社の
ほとんどはWebサイトをたちあげています。
自社で取り扱っているファンド情報の運用リポートなどを
詳細にアップしているものから、投信情報を満遍なく紹介し、
その評価情報、基準価額情報、各種ランキングなどが
掲載されているものもありますので、これも併せて
チェックしてみましょう。

日経マネー』などのマネー雑誌から得る情報の
活用方法ですが、まずは各媒体から「初めての投資信託」
「初めての株式投資」といった形でよく特集される投信の
いろはを学びましょう。

その後各社の行っている各種シュミレーションや
おすすめ情報を徐々に集めていきましょう。

日経マネー』の上手な活用法ですが、
専門家が推奨している金融商品や投資信託について
いくつかターゲットを絞ってから、特に注意して
その市場動向を見るようにしましょう。

これにはwebサイトを活用すると、
リアルに日々の動向がチェックでき便利です。

日経マネー』などで取り上げられている
投資信託や金融商品には、実にさまざまな種類があります。

そしてこれらはそれぞれ「貯蓄性」「安全性」「換金性」
「流動性」などの性質が違ってきます。

日経マネー』などの専門誌でその性質を十分研究してみましょう。

個人投資家が好む情報


個人投資家が好む情報は『日経マネー』などの
マネー雑誌でも良く取り上げられる、
「買い物券・割引券」などの株主優待の
メリットについてです。

しかしこういった株主優待・配当投資をする場合、
株式は価格変動リスクが大きいことを十分に理解し、
単純利回りに惹かれて飛びつかないことが重要です。

日経マネー』などのマネー雑誌でも推奨されている
「優待・配当投資銘柄」とキャピタルゲイン狙いの銘柄は
基本的に分けて考えるほうが良いでしょう。

買値の一定額を割ったら損切りすると決めて、
基本的に業績チェックは事業報告書のチェックだけと
決めたほうが楽に運用できるでしょう。

保有している期間が長いほどお得になる
「優待・配当投資銘柄」選びのポイントは、
株価のオーバーシュートのタイミングをひたすら待つこと、
10年後20年後、今の倍以上に伸びそうな企業の銘柄を
選ぶことです。

こういった情報は『日経マネー』などのマネー雑誌から
上手に得ることができます。

を買う際にもっともいいタイミングは事件や
メディア報道などにより、株価全面安の流れが
起きている時でしょう。

徐々に回復しそうな状況の中で、短期的に株価
急落したタイミングが買いどきなのです。
このタイミングを逃さない為には『日経マネー』などから常々、
財務安定の高利回り銘柄をチェックしておくことが肝心です。

投資のメリットである「株主優待」はその換金性に目をつけ、
配当金と同様の「現金収入」としてとらえる方も多いようです。

こうした個人投資家の嗜好から、新たに株主優待制度の導入を
決める企業も多いようですが、特に初心者の方にはまず
日経マネー』などからの情報収集・比較検討をお勧めします。

日経マネー活用法


さて、投資や金融商品の種類や情報入手・活用方法について
これまで話をしてきましたが、何度も言うように、
投資の基本とは「正しい知識と的確な情報をいかに
アンテナを張って入手できるか」にかかっているのです。

『日経マネー』などのマネー雑誌や日刊紙を上手く活用しましょう。
投資しているのだがどうしても不安だ・・という方には
『日経マネー』が誌面で連載中の「投資力診断!」に
登場してみるというのはいかがでしょうか?

株式為替などの売買履歴をプロに採点してもらい、
上達するための処方箋を提示してもらえるというコーナーです。
もちろん匿名で参加できますので、是非こういった機会も
利用してみましょう。

これからファンドなどの投資信託、または定期預金や国債、
保険などの金融商品で資産運用しようと考える方には、
まずは『日経マネー』などを参考に手元にあるまとまった
貯蓄と毎月一定の金額を積み立てた資金とで
運用していった場合、目標額を達成するためには
何年でどの位の利回りが必要であるかを計算してみることとを
お勧めします。

『日経マネー』などの専門誌をしっかり読み、
正しい情報を収集することで「分散投資こそが安全な運用法だ」
「長期投資が着実に資産を増やす方法だ」
「住宅ローンは長期固定がいい」「金融商品の中途解約は損だ」
などの運用の常識の勘違いを1つずつ失くして行きましょう。

最後にもう一度だけ言います。失敗しない投資の基本とは、
「正しい知識と的確な情報をいかに幅広くアンテナを
張って入手し、正しく活用できるか」にかかっているのです。

『日経マネー』などのマネー雑誌や各種日刊紙の情報を
上手く活用しながら、投資等、
正しい知識と目利きを養いましょう。

ミニ株

ミニ株とは、少量から買うことのできる、
初心者や資金の少ない投資者向けの投資方法です。


株式は通常、100〜1000株単位で売買されており、
1株1000円の株を1000株という
1単位分購入しようとすると、100万円が必要です。

ミニ株は、証券会社が所有する株を分割し、
その分割された所有権を売買するもので、
5株や10株単位で購入できるようになっています。

宝くじ気分で気軽に始めることができ、
価格の変動による損益が少ないため、
リスクが少ないともいえます。

を少し勉強して、もう一歩、
実際に持ちながら勉強を進めたい人や、
学生がお小遣いで始めるような場合は、
ミニ株が入りやすいかもしれません。

株 IPOブーム


株取引でIPOといえば、
時には式公開時の数倍の値段がつくという
大きな話題となっています。

IPOにはブームがあります。

2004年後半、日本の企業が続々と
最高益の決算を発表し、半年で多くの企業の株価
倍から数倍になりました。

 この時期、IPO(新規公開)は、
成長企業の期待を集め、公開前の価格の数倍の
値段がついたり、そこまでいかなくても
高値の更新を続けました。

の相場が下降し、投資家が悲観的なときは、
IPOが公開されても、公開価格より
安値で売買されるようなこともあります。
企業の人気によっても違いがでます。

価には波があるので、人気で数倍に跳ね上がった
IPO株も、利益を得た投資家が
一斉に売り出し始めると、激しく下降することもあります。

あまりに激しいので、安くなりすぎ、
また爆発的に上昇を始めるなど、非常にギャンブル的な
側面もあります。

優良企業のIPOの公募に当選すれば、ラッキーです。



株 IPOの意味



IPOは、新規株式公開(Initial Pblic Offers)とも言われ、
企業が投資家から資金を調達するために
株式を公開することです。

公開された株式は、証券取引所を介して、
投資家たちに売買されます。

は、長い間投資家によって売買されるうちに、
値動きがパターン化したり、特定企業を好む投資家の
売買の影響を大きく受けたりします。

その結果、裏情報に乏しい個人が利益を得にくいともいわれます。

IPOとしてこれから新しく流通するは、
企業がまだ若くて大きな成長が見込めたり、
パターン化されていない値動きの大きさを期待した
投機的な投資家が集まり、連日激しい値動きを見せたりします。

この売買差益を狙って短期売買を繰り返し、
大きな利益をあげた、という本が多く出されています。

IPO株は、取引開始前に、証券会社が購入者を募集(公募)して、
あらかじめ販売しておきます。

いよいよ新規公開日には取引所を介して
自由な売買が行えるのですが、先にあげた理由により、
公募価格の数倍の値段で売買が始まることもあり、
人気になっています。





株主優待とは?

主優待とは、株を買って株主になると、
企業によっては株主優待としてプレゼントを
もらえることがあります。

業種により、食品やオリジナル商品、
商品券など内容はさまざまです。

株主優待でもらった品で、
金券ショップで売れるものなどはそのまま売価が利益に
なり、売れないとしても、金額換算すると
配当金を含めて高い利回りになるものがあります。

株主優待を楽しみにしている株主も多いです。

株主優待は、年に一度の企業がほとんどで、
権利確定日にその企業の株を保有していた人に
対して送られます。

権利確定日や、優待品がいつ届くか分からない場合は、
企業の担当者やホームページで確認してみましょう。

大手検索サイトや証券会社のホームページでは、
毎月の権利確定日や優待品内容、投資金額から
調べることもできます。

株主優待は、権利確定日にその企業の
保有していた人に対して、送られてきます。

株主優待の品が目当てで買われる人気企業の株は、
権利確定日直前までは欲しい人が多くて値上がりします。

確定日を過ぎると、目的を達した人の売りが
大量に出され、買う人が減って、株価
下がってしまうことがあります。

優待が目当てなら、タイミング良く値上がりする前に
買っておいたほうがよさそうです。

株価が権利確定日にピークに達することを見込んで、
安いときに株を買っておき、確定日に権利を取らずに
売却して利益を得る人もいます。

の売買は、いかに差益を取るかを工夫することが大切です。

短期売買にこだわらず、財産とした気に入った企業の株を
長期で保有し、優待と配当をもらっていく方法もあります。

利回りが10%を超えるような企業もあり、
銀行への預金に比べると運用効率がいいかもしれません。

株主優待を上手に活用したいですね。





ネット株

ネット株とは、オンライントレードとも言われ、
インターネットを介して株券を売買し、
その差益を狙う投資法です。


ここ数年で利用者が爆発的に増大し、
現在は株式投資のメジャーな方法になりました。


ネット株の特徴は、
自宅でインターネットにつながれば、
気軽に始めることができ、口座を開設する証券会社が
提供するニュースや、株価変動のチャートを参考にして
1日何回でも、あるいは長期保有でも、
売買を繰り返すことができることです。


最近よく聞く、購入してから数分や数時間での
売買差益を狙うデイトレードなどは、
このネット株ならではの投資法です。


株を証券会社の窓口で売買していたときには、
手数料の高さや、担当者への遠慮など
で何度も売買する風潮ではありませんでした。


ネット株では、上場企業の株式売買や、現金取引、
現金を担保にした3倍程度の額で行う信用取引、
小額の株数を売買するミニ株、外国為替や外国株式、先物取引などさ
まざまな投資法が用意されています。

自分のスタイルに合った投資法で稼ぎましょう。

ネット株では、自分で企業情報や、相場変動を調べ、
売買タイミングを決定する必要があります。


証券会社の窓口での売買は、専門家のアドバイスを
受けることができますが、1回で
売買手数料割高です。

ネット株を使って、自分で株を売買する場合、
まず証券会社に口座を開設します。

証券会社ごとにさまざまな売買ツールを提供しているので、
複数の口座を開設しておき、使いやすいものを
見つけるといいでしょう。

株の売買は、自分でルールを決めて、
損失が出たら早めに手を引くことを心がけながら、
利益は確実に取っていくようにすることが大切です。

時には、損をしていても自ら取引を終了させる
「損切」も必要です。

予想に反して株価が下がり始めた場合、
同じ株を保有している多くの人は、早く売って
損失を少なくしておきたいと考えます。

この場合、撤退の時期を誤ると、売る人が後を立たず、
損失が拡大することが多いようです。

自分に合ったスタイルで、リスクは少なく利益を
狙いたいですね。



デイトレード

デイトレードとは、

日本語では日計り商い(ひばかりあきない)のことであり、
1日の市場が閉じる時には「買いポジション」も
「売りポジション」も持たない取引を言います。

一日に数十回の取引を行い、
細かく利益を積み重ねる売買手法です。

早い時には、わずか数十秒〜数分で売買および反対決済が成立します。

場合によっては、数百万円〜数億円の利益を得られるなど、
これまでのトレード手法と比べ、即時性・ゲーム性・
依存性が非常に強いです。

デイトレードをする人の事を「デイトレーダー」と言い、
本業としている人のことを「専業デイトレーダー」、
兼業している人のことは「兼業デイトレーダー」といいます。。

1日に何度も売買するデイトレードに対して、
2〜10日程度の短期的な持ちこしを行う場合には、
スウィングトレード」といいます。

それ以上の期間になると、
短期投資または中長期投資になります。

メリット・資金効率がよい。トレードの期待値が高ければ、
 回数が多い方が複利の効果があります
 (逆に、期待値がマイナスだと、資金が減るのも早い)。

・翌日に持ち越ししなければ、
 海外の相場変動・悪いニュース…等に影響されず、
 リスクを低く抑える事ができます。
 (逆に、持ち越しのメリットもなくなる)
・資金を数十回に分けて投資するため、
 必然的に分散投資になり、リスクを限定する事ができます。

・数日・数ヶ月後の値動きよりも、
 数分後の値動きのほうが、予想しやすく外れにくいです。

・経済・金融などの知識を、あまり必要とされないので、
 初心者でも入り込みやすいです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

口座開設 エイチ・エス証券

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   お得がたくさんあります★ 
  株をはじめるならエイチ・エス証券
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

◆◆◆ モバイルトレード“モバ株”の3つの魅力 ◆◆◆
☆モバ割☆ 業界初!モバイル経由特別手数料105円(税込)〜。
☆モバ早☆ 1秒自動更新のリアルタイム株価情報。
チャートや板情報も。
☆モバ楽☆ 売買チャンスをメールでお知らせ!
株価ヒット通知”

◆◆◆ IPO新規公開株)ならエイチ・エス証券 ◆◆◆
話題のIPO投資を豊富な主幹事実績を持つエイチ・エス証券で
はじめてみませんか?

エイチ・エス証券ではIPO・引受業務に力を入れています。
ブックビルディングへの参加もインターネットで簡単に
お申込いただけます。

◆◆◆ 日経225mini 手数料業界最低水準!格安手数料!! ◆◆◆
今注目の日経225miniが業界最低水準の手数料でお取引いただけます。
 例えば、15,500円で1枚新規建した場合の手数料は、
  15,500円×100〔売買単位〕×0.00525%=81円(税込)

◆◆◆ 信用取引口座開設キャンペーン
     4,000円キャッシュバック!! ◆◆◆
■期間:2007年3月30日(金)まで
■対象:対象期間中に、信用取引口座の開設が完了した方
■特典1:信用取引口座設定約諾書の収入印紙代4,000円を
キャッシュバック
   2:リアルタイム株価情報ツール
「マーケット・ナビゲーター」
 (通常1ヶ月税込み3,150円)を最大約1ヶ月の無料利用

▼口座開設費用・口座管理料無料!
エイチ・エス証券の資料請求はこちらから


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。