デイトレード

デイトレードとは、

日本語では日計り商い(ひばかりあきない)のことであり、
1日の市場が閉じる時には「買いポジション」も
「売りポジション」も持たない取引を言います。

一日に数十回の取引を行い、
細かく利益を積み重ねる売買手法です。

早い時には、わずか数十秒〜数分で売買および反対決済が成立します。

場合によっては、数百万円〜数億円の利益を得られるなど、
これまでのトレード手法と比べ、即時性・ゲーム性・
依存性が非常に強いです。

デイトレードをする人の事を「デイトレーダー」と言い、
本業としている人のことを「専業デイトレーダー」、
兼業している人のことは「兼業デイトレーダー」といいます。。

1日に何度も売買するデイトレードに対して、
2〜10日程度の短期的な持ちこしを行う場合には、
スウィングトレード」といいます。

それ以上の期間になると、
短期投資または中長期投資になります。

メリット・資金効率がよい。トレードの期待値が高ければ、
 回数が多い方が複利の効果があります
 (逆に、期待値がマイナスだと、資金が減るのも早い)。

・翌日に持ち越ししなければ、
 海外の相場変動・悪いニュース…等に影響されず、
 リスクを低く抑える事ができます。
 (逆に、持ち越しのメリットもなくなる)
・資金を数十回に分けて投資するため、
 必然的に分散投資になり、リスクを限定する事ができます。

・数日・数ヶ月後の値動きよりも、
 数分後の値動きのほうが、予想しやすく外れにくいです。

・経済・金融などの知識を、あまり必要とされないので、
 初心者でも入り込みやすいです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。