日経マネー活用法


さて、投資や金融商品の種類や情報入手・活用方法について
これまで話をしてきましたが、何度も言うように、
投資の基本とは「正しい知識と的確な情報をいかに
アンテナを張って入手できるか」にかかっているのです。

『日経マネー』などのマネー雑誌や日刊紙を上手く活用しましょう。
投資しているのだがどうしても不安だ・・という方には
『日経マネー』が誌面で連載中の「投資力診断!」に
登場してみるというのはいかがでしょうか?

株式為替などの売買履歴をプロに採点してもらい、
上達するための処方箋を提示してもらえるというコーナーです。
もちろん匿名で参加できますので、是非こういった機会も
利用してみましょう。

これからファンドなどの投資信託、または定期預金や国債、
保険などの金融商品で資産運用しようと考える方には、
まずは『日経マネー』などを参考に手元にあるまとまった
貯蓄と毎月一定の金額を積み立てた資金とで
運用していった場合、目標額を達成するためには
何年でどの位の利回りが必要であるかを計算してみることとを
お勧めします。

『日経マネー』などの専門誌をしっかり読み、
正しい情報を収集することで「分散投資こそが安全な運用法だ」
「長期投資が着実に資産を増やす方法だ」
「住宅ローンは長期固定がいい」「金融商品の中途解約は損だ」
などの運用の常識の勘違いを1つずつ失くして行きましょう。

最後にもう一度だけ言います。失敗しない投資の基本とは、
「正しい知識と的確な情報をいかに幅広くアンテナを
張って入手し、正しく活用できるか」にかかっているのです。

『日経マネー』などのマネー雑誌や各種日刊紙の情報を
上手く活用しながら、投資等、
正しい知識と目利きを養いましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。