個人投資家が好む情報


個人投資家が好む情報は『日経マネー』などの
マネー雑誌でも良く取り上げられる、
「買い物券・割引券」などの株主優待の
メリットについてです。

しかしこういった株主優待・配当投資をする場合、
株式は価格変動リスクが大きいことを十分に理解し、
単純利回りに惹かれて飛びつかないことが重要です。

日経マネー』などのマネー雑誌でも推奨されている
「優待・配当投資銘柄」とキャピタルゲイン狙いの銘柄は
基本的に分けて考えるほうが良いでしょう。

買値の一定額を割ったら損切りすると決めて、
基本的に業績チェックは事業報告書のチェックだけと
決めたほうが楽に運用できるでしょう。

保有している期間が長いほどお得になる
「優待・配当投資銘柄」選びのポイントは、
株価のオーバーシュートのタイミングをひたすら待つこと、
10年後20年後、今の倍以上に伸びそうな企業の銘柄を
選ぶことです。

こういった情報は『日経マネー』などのマネー雑誌から
上手に得ることができます。

を買う際にもっともいいタイミングは事件や
メディア報道などにより、株価全面安の流れが
起きている時でしょう。

徐々に回復しそうな状況の中で、短期的に株価
急落したタイミングが買いどきなのです。
このタイミングを逃さない為には『日経マネー』などから常々、
財務安定の高利回り銘柄をチェックしておくことが肝心です。

投資のメリットである「株主優待」はその換金性に目をつけ、
配当金と同様の「現金収入」としてとらえる方も多いようです。

こうした個人投資家の嗜好から、新たに株主優待制度の導入を
決める企業も多いようですが、特に初心者の方にはまず
日経マネー』などからの情報収集・比較検討をお勧めします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。