日経マネー情報の種類


では実際に『日経マネー』のようなマネー雑誌には
どのような情報が掲載され、それをどのように
活用していけばよいのでしょうか?

情報の種類としては、ファンドアナリストの視点からの
市場の動向、結婚・マイホーム購入などのマネープラン、
各種投資信託のメリットデメリット比較などが多いようです。

日経マネー』をはじめ、各販売会社および投信会社の
ほとんどはWebサイトをたちあげています。
自社で取り扱っているファンド情報の運用リポートなどを
詳細にアップしているものから、投信情報を満遍なく紹介し、
その評価情報、基準価額情報、各種ランキングなどが
掲載されているものもありますので、これも併せて
チェックしてみましょう。

日経マネー』などのマネー雑誌から得る情報の
活用方法ですが、まずは各媒体から「初めての投資信託」
「初めての株式投資」といった形でよく特集される投信の
いろはを学びましょう。

その後各社の行っている各種シュミレーションや
おすすめ情報を徐々に集めていきましょう。

日経マネー』の上手な活用法ですが、
専門家が推奨している金融商品や投資信託について
いくつかターゲットを絞ってから、特に注意して
その市場動向を見るようにしましょう。

これにはwebサイトを活用すると、
リアルに日々の動向がチェックでき便利です。

日経マネー』などで取り上げられている
投資信託や金融商品には、実にさまざまな種類があります。

そしてこれらはそれぞれ「貯蓄性」「安全性」「換金性」
「流動性」などの性質が違ってきます。

日経マネー』などの専門誌でその性質を十分研究してみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。