ネット株取引の魅力.


これまで電話か直接窓口で行っていた取引ですが、
近頃はネット株の人気が上昇中です。

証券会社の窓口に行くのは大変だし、何より東京の株式市場が
開いている時間帯は仕事での注文どころじゃない人は、
携帯端末で出先からで手軽にできたり、あらかじめ注文の
設定ができるネット株が向いています。

インターネットによる取引はオンライントレード、
またはホームトレードと呼ばれています。

インターネットで株取引をするネット株の取引量は、
1999年の売買手数料自由化をきっかけに増加の一途を
たどっています。

証券会社もインターネット用の口座を作るようになりました。

最大の魅力はネットに接続できる環境ならどこからでも
取引注文が出せることと、窓口注文より安い手数料ですむことです。

インターネットでの取引ができなかった頃は、
決められた時間内での証券会社の窓口や電話による口頭での
注文がメインでした。

証券会社の担当者のところには株取引の発注ができる
コンピューターがあり、注文を受けながらそ
れを操作するという形です。

しかし、インターネットで注文を受け付けることによって、
人の手を介さずに直接コンピューターに注文が出せるように
なりました。

窓口を介さないので人件費がかからず、安い手数料で
取引ができるのです。

また、窓口で受け付ける時のように口頭で注文を
出さずに済むので、一つ一つ確認しながら自分のペースで
注文操作ができますし、途中で注文を迷ったり決断を
翻したりしても人を待たせるようなことにはなりません。

パソコンの操作さえできれば、今まで株取引の経験のない人でも
自由に取引をすることができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。