ネット株の取引手数料の仕組み.

ネット株の取引に重要なポイントとして、
手数料の問題があります。

手数料は一度の取引の度ごとに課金されるため、
デイトレードなどで何度も取引する人には見過ごせません。

ネット株の取引手数料が高いと、当然ながら
1回のネット株取引での利益は小さくなってしまうのです。

取引そのものでは差益が出ていても、取引手数料で
差益の一部が相殺されたために、結果的に収支が
マイナスになることも珍しくありません。

株取引の歳には、証券会社の取引手数料はいくらなのか、
そしてどんな条件で手数料が増減するかということを
きちんと知っておく必要があります。

会社ごとに取引手数料の値段、取り決め方、細かな条件は違います。

一日定額制という手数料の形式は、その日じゅうなら
何度取引をしても一定の手数料で売買ができます。
逆に、回数が少なくとも手数料は同じです。

この加算方式は、デイトレードをする日には
集中的に売買をする人に向いています。

あまり頻繁にトレードをしない人や中長期で
保有していたい人、毎日少しずつ取引をしたい人は
約定単位制が向いています。

これは一度の取引ごとに委託手数料が発生するシステムです。

また、定額制の中にもシステムは会社ごとに差があり、
取引の金額によって段階的に金額が設定されているものは
階段制の約定定額システムといいます。

手数料はどれがいいというものではありません。
どれがいいかは取引の形によって違います。

他にも、一定金額までなら無料でネット株取引ができるサービスや、
その日のうちに保有したネット株を決済するなら片道の手数料が
無料になるところもあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。