ミニ株

ミニ株とは、少量から買うことのできる、
初心者や資金の少ない投資者向けの投資方法です。


株式は通常、100〜1000株単位で売買されており、
1株1000円の株を1000株という
1単位分購入しようとすると、100万円が必要です。

ミニ株は、証券会社が所有する株を分割し、
その分割された所有権を売買するもので、
5株や10株単位で購入できるようになっています。

宝くじ気分で気軽に始めることができ、
価格の変動による損益が少ないため、
リスクが少ないともいえます。

を少し勉強して、もう一歩、
実際に持ちながら勉強を進めたい人や、
学生がお小遣いで始めるような場合は、
ミニ株が入りやすいかもしれません。

ネット株

ネット株とは、オンライントレードとも言われ、
インターネットを介して株券を売買し、
その差益を狙う投資法です。


ここ数年で利用者が爆発的に増大し、
現在は株式投資のメジャーな方法になりました。


ネット株の特徴は、
自宅でインターネットにつながれば、
気軽に始めることができ、口座を開設する証券会社が
提供するニュースや、株価変動のチャートを参考にして
1日何回でも、あるいは長期保有でも、
売買を繰り返すことができることです。


最近よく聞く、購入してから数分や数時間での
売買差益を狙うデイトレードなどは、
このネット株ならではの投資法です。


株を証券会社の窓口で売買していたときには、
手数料の高さや、担当者への遠慮など
で何度も売買する風潮ではありませんでした。


ネット株では、上場企業の株式売買や、現金取引、
現金を担保にした3倍程度の額で行う信用取引、
小額の株数を売買するミニ株、外国為替や外国株式、先物取引などさ
まざまな投資法が用意されています。

自分のスタイルに合った投資法で稼ぎましょう。

ネット株では、自分で企業情報や、相場変動を調べ、
売買タイミングを決定する必要があります。


証券会社の窓口での売買は、専門家のアドバイスを
受けることができますが、1回で
売買手数料割高です。

ネット株を使って、自分で株を売買する場合、
まず証券会社に口座を開設します。

証券会社ごとにさまざまな売買ツールを提供しているので、
複数の口座を開設しておき、使いやすいものを
見つけるといいでしょう。

株の売買は、自分でルールを決めて、
損失が出たら早めに手を引くことを心がけながら、
利益は確実に取っていくようにすることが大切です。

時には、損をしていても自ら取引を終了させる
「損切」も必要です。

予想に反して株価が下がり始めた場合、
同じ株を保有している多くの人は、早く売って
損失を少なくしておきたいと考えます。

この場合、撤退の時期を誤ると、売る人が後を立たず、
損失が拡大することが多いようです。

自分に合ったスタイルで、リスクは少なく利益を
狙いたいですね。



デイトレード

デイトレードとは、

日本語では日計り商い(ひばかりあきない)のことであり、
1日の市場が閉じる時には「買いポジション」も
「売りポジション」も持たない取引を言います。

一日に数十回の取引を行い、
細かく利益を積み重ねる売買手法です。

早い時には、わずか数十秒〜数分で売買および反対決済が成立します。

場合によっては、数百万円〜数億円の利益を得られるなど、
これまでのトレード手法と比べ、即時性・ゲーム性・
依存性が非常に強いです。

デイトレードをする人の事を「デイトレーダー」と言い、
本業としている人のことを「専業デイトレーダー」、
兼業している人のことは「兼業デイトレーダー」といいます。。

1日に何度も売買するデイトレードに対して、
2〜10日程度の短期的な持ちこしを行う場合には、
スウィングトレード」といいます。

それ以上の期間になると、
短期投資または中長期投資になります。

メリット・資金効率がよい。トレードの期待値が高ければ、
 回数が多い方が複利の効果があります
 (逆に、期待値がマイナスだと、資金が減るのも早い)。

・翌日に持ち越ししなければ、
 海外の相場変動・悪いニュース…等に影響されず、
 リスクを低く抑える事ができます。
 (逆に、持ち越しのメリットもなくなる)
・資金を数十回に分けて投資するため、
 必然的に分散投資になり、リスクを限定する事ができます。

・数日・数ヶ月後の値動きよりも、
 数分後の値動きのほうが、予想しやすく外れにくいです。

・経済・金融などの知識を、あまり必要とされないので、
 初心者でも入り込みやすいです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株入門

株式投資とは、
株式を購入し、その株式の値上がりによる
売買益を得るための投資法です。
手法によっては、株の値下がりでも儲ける方法があります。


株式とは、
株式とは、株式会社が発行する証書のことで、
会社が事業を行うために必要な資金を投資化から集め、
事業により得た利益を投資家に配分する
権利を表したものともいえます。


株式投資の方法:

成長を期待する企業に投資して利益還元を受ける方法と、
株式の権利(株券)を売買した差額で利益を得る方法
などがあります。


株券を保有し続ける場合、企業が予想通りに
成長し続ければ、売買されている株券の
価値が高くなることにより、投資した資産が増えたり、
企業の利益の一部を配当としてもらえたり、
投資している企業からの優待品を受け取ることができます。


売買による差益を狙う方法は、相場変動や企業の業績の変化、
決算発表のタイミングで安いときに購入し、株価が上がれば
売却して差益を得るというという方法です。

株式投資の取引

株式投資の取引とは

1,投資する金額分のみ株を購入できる現物取引と、
2,投資額を担保に約3倍の株を購入できる
  信用取引があります。

株式投資の基本について;
、安いときに買い、高くなって利が乗れば、
売って売買差益を得るものです。

現物取引では、投資した金額の範囲で、株の売買を行います。

購入したの所有権を保有するので、
企業の利益還元である配当や、
株主優待品を受け取ることができます。

予想に反して購入時より株価が下がったり、
万が一投資した企業が倒産しても、
投資した金額以上の損失はありません。

株の信用取引で、投資額以上の株を購入する場合、
例えば担保に対して約3倍の株を購入し利益が出た場合は、
売却した差額は全て利益になります。


100円の株を1000株買って、10円上がった場合の利益は、1万円です。
3倍買えたなら、同じ値動きで3万円の利益を得ることができます。

信用取引の場合は、価が高いときに株を借りて売り、
安くなったときに買い戻すことで差額を利益にする方法も使えます。


損失を出した場合は3倍の損失となり、
時には担保以上の損失に至ることもあるので注意が必要です。

先の例で100円の株を1000株の3倍購入し(担保10万)、
暴落して半額の50円になってしまった場合、
15万円の損失が発生します。5万円の赤字となり、証券
会社から担保の追加を請求されます。

株式投資は、自分の性格もよく考えておこなうことが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。