日経マネー活用法


あなたは日本経済新聞社発行の『日経マネー』や
モーニングスター社発行の『ファンドインベスター』、
リクルート発行『あるじゃん』、
SSコミュニケーションズ発行『マネープラス』、
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドマネー』などの
投資信託関連の新聞・雑誌を読んだことがありますか?

日経マネー』をご存知でしょうか?
多くの人が株や投資信託に興味はあるけれど、
「仕組みがそもそも良く分からない」
「どうしたら利益がでるのかわからない」
「私にもできるの?」「どんなリスクがあるの?」
などの理由で、結局手を出せずにいるのではないでしょうか?

投資の基本とは、正しい知識と的確な情報の入手であると
言われています。
投資信託の仕組みやどんな投資信託があるのかを
知らないままで投資を始めても、十分な投資の成果は
期待できないと言えます。
そこで活用したいのが『日経マネー』などのマネー雑誌です。

日経マネー』のようなマネー雑誌と、
『日本経済新聞』のような日刊紙の違いに
ついてお教えしましょう。

いわゆる新聞の日刊紙は毎日発行されるので、
投資信託の基準価額の情報を手に入れ易く、
対するマネー雑誌は投資にまつわる旬な話題や
投資信託の比較などの情報も得られるものです。

日経マネー』のようなマネー雑誌からさまざまな情報を
集めて投資信託を選択・購入し、その後朝日・日本経済・
読売・毎日などの新聞から投資信託の基準価額の情報を
手に入れ、平行してマネー雑誌からの情報も
キャッチしながら運用していくのが投資成功の方程式です。

日経マネー情報の種類


では実際に『日経マネー』のようなマネー雑誌には
どのような情報が掲載され、それをどのように
活用していけばよいのでしょうか?

情報の種類としては、ファンドアナリストの視点からの
市場の動向、結婚・マイホーム購入などのマネープラン、
各種投資信託のメリットデメリット比較などが多いようです。

日経マネー』をはじめ、各販売会社および投信会社の
ほとんどはWebサイトをたちあげています。
自社で取り扱っているファンド情報の運用リポートなどを
詳細にアップしているものから、投信情報を満遍なく紹介し、
その評価情報、基準価額情報、各種ランキングなどが
掲載されているものもありますので、これも併せて
チェックしてみましょう。

日経マネー』などのマネー雑誌から得る情報の
活用方法ですが、まずは各媒体から「初めての投資信託」
「初めての株式投資」といった形でよく特集される投信の
いろはを学びましょう。

その後各社の行っている各種シュミレーションや
おすすめ情報を徐々に集めていきましょう。

日経マネー』の上手な活用法ですが、
専門家が推奨している金融商品や投資信託について
いくつかターゲットを絞ってから、特に注意して
その市場動向を見るようにしましょう。

これにはwebサイトを活用すると、
リアルに日々の動向がチェックでき便利です。

日経マネー』などで取り上げられている
投資信託や金融商品には、実にさまざまな種類があります。

そしてこれらはそれぞれ「貯蓄性」「安全性」「換金性」
「流動性」などの性質が違ってきます。

日経マネー』などの専門誌でその性質を十分研究してみましょう。

個人投資家が好む情報


個人投資家が好む情報は『日経マネー』などの
マネー雑誌でも良く取り上げられる、
「買い物券・割引券」などの株主優待の
メリットについてです。

しかしこういった株主優待・配当投資をする場合、
株式は価格変動リスクが大きいことを十分に理解し、
単純利回りに惹かれて飛びつかないことが重要です。

日経マネー』などのマネー雑誌でも推奨されている
「優待・配当投資銘柄」とキャピタルゲイン狙いの銘柄は
基本的に分けて考えるほうが良いでしょう。

買値の一定額を割ったら損切りすると決めて、
基本的に業績チェックは事業報告書のチェックだけと
決めたほうが楽に運用できるでしょう。

保有している期間が長いほどお得になる
「優待・配当投資銘柄」選びのポイントは、
株価のオーバーシュートのタイミングをひたすら待つこと、
10年後20年後、今の倍以上に伸びそうな企業の銘柄を
選ぶことです。

こういった情報は『日経マネー』などのマネー雑誌から
上手に得ることができます。

を買う際にもっともいいタイミングは事件や
メディア報道などにより、株価全面安の流れが
起きている時でしょう。

徐々に回復しそうな状況の中で、短期的に株価
急落したタイミングが買いどきなのです。
このタイミングを逃さない為には『日経マネー』などから常々、
財務安定の高利回り銘柄をチェックしておくことが肝心です。

投資のメリットである「株主優待」はその換金性に目をつけ、
配当金と同様の「現金収入」としてとらえる方も多いようです。

こうした個人投資家の嗜好から、新たに株主優待制度の導入を
決める企業も多いようですが、特に初心者の方にはまず
日経マネー』などからの情報収集・比較検討をお勧めします。

日経マネー活用法


さて、投資や金融商品の種類や情報入手・活用方法について
これまで話をしてきましたが、何度も言うように、
投資の基本とは「正しい知識と的確な情報をいかに
アンテナを張って入手できるか」にかかっているのです。

『日経マネー』などのマネー雑誌や日刊紙を上手く活用しましょう。
投資しているのだがどうしても不安だ・・という方には
『日経マネー』が誌面で連載中の「投資力診断!」に
登場してみるというのはいかがでしょうか?

株式為替などの売買履歴をプロに採点してもらい、
上達するための処方箋を提示してもらえるというコーナーです。
もちろん匿名で参加できますので、是非こういった機会も
利用してみましょう。

これからファンドなどの投資信託、または定期預金や国債、
保険などの金融商品で資産運用しようと考える方には、
まずは『日経マネー』などを参考に手元にあるまとまった
貯蓄と毎月一定の金額を積み立てた資金とで
運用していった場合、目標額を達成するためには
何年でどの位の利回りが必要であるかを計算してみることとを
お勧めします。

『日経マネー』などの専門誌をしっかり読み、
正しい情報を収集することで「分散投資こそが安全な運用法だ」
「長期投資が着実に資産を増やす方法だ」
「住宅ローンは長期固定がいい」「金融商品の中途解約は損だ」
などの運用の常識の勘違いを1つずつ失くして行きましょう。

最後にもう一度だけ言います。失敗しない投資の基本とは、
「正しい知識と的確な情報をいかに幅広くアンテナを
張って入手し、正しく活用できるか」にかかっているのです。

『日経マネー』などのマネー雑誌や各種日刊紙の情報を
上手く活用しながら、投資等、
正しい知識と目利きを養いましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。