ネット株の取引手数料の仕組み.

ネット株の取引に重要なポイントとして、
手数料の問題があります。

手数料は一度の取引の度ごとに課金されるため、
デイトレードなどで何度も取引する人には見過ごせません。

ネット株の取引手数料が高いと、当然ながら
1回のネット株取引での利益は小さくなってしまうのです。

取引そのものでは差益が出ていても、取引手数料で
差益の一部が相殺されたために、結果的に収支が
マイナスになることも珍しくありません。

株取引の歳には、証券会社の取引手数料はいくらなのか、
そしてどんな条件で手数料が増減するかということを
きちんと知っておく必要があります。

会社ごとに取引手数料の値段、取り決め方、細かな条件は違います。

一日定額制という手数料の形式は、その日じゅうなら
何度取引をしても一定の手数料で売買ができます。
逆に、回数が少なくとも手数料は同じです。

この加算方式は、デイトレードをする日には
集中的に売買をする人に向いています。

あまり頻繁にトレードをしない人や中長期で
保有していたい人、毎日少しずつ取引をしたい人は
約定単位制が向いています。

これは一度の取引ごとに委託手数料が発生するシステムです。

また、定額制の中にもシステムは会社ごとに差があり、
取引の金額によって段階的に金額が設定されているものは
階段制の約定定額システムといいます。

手数料はどれがいいというものではありません。
どれがいいかは取引の形によって違います。

他にも、一定金額までなら無料でネット株取引ができるサービスや、
その日のうちに保有したネット株を決済するなら片道の手数料が
無料になるところもあります。

ネット証券会社ごとの株取引サービス.

まず証券会社を決め、ネット株を行うための口座を開いて
資金を預けることが全ての始まりです。

何はともあれ口座を開設しないと取引は始められません。

使い勝手のよさそうな会社を見つけたなら、
色々と口座を開いてみましょう。

維持費や開設費用は無料のところが多いです。

使ってみなければわからないサービスもありますし、
取引画面の特長も会社毎に様々です。

最初に開設した口座をずっと使わなければ
いけないということはありません。

複数の証券会社に口座を持ち資産を分散させることは
リスクコントロールにもいいですし、
多様なサービスを活用でき快適な取引ができます。

ネット証券会社に証券口座を開くだけで投資情報が
手に入るところもあります。

ネット株の口座を開くに適した証券会社は、
経営体質の安定したところであること、
手数料が安くサービスが便利なところにしましょう。

手数料が安いネット証券会社、投資ツールや
情報が充実しているところなど様々です。

手数料の安さや株取引に必要な情報の提供だけにとどまらず、
証券会社は様々なサービスを互いに打ち出しています。

サービスには、取引に伴ってポイントが貯まり
ネットショッピングや景品交換ができるもの、
快適な取引に役立つ個人別の資産管理ページの
提供などがあります。

ネット証券会社の中には、プロのアナリストが
分析した現在のマーケットの状況についてや、
取引スタイルや株価予想のポイントなどを
まとめているところもあります。

口座開設で使えるようになったサービスは積極的に活用し、
自分に合うものを見つけましょう。

ネット株取引の魅力.


これまで電話か直接窓口で行っていた取引ですが、
近頃はネット株の人気が上昇中です。

証券会社の窓口に行くのは大変だし、何より東京の株式市場が
開いている時間帯は仕事での注文どころじゃない人は、
携帯端末で出先からで手軽にできたり、あらかじめ注文の
設定ができるネット株が向いています。

インターネットによる取引はオンライントレード、
またはホームトレードと呼ばれています。

インターネットで株取引をするネット株の取引量は、
1999年の売買手数料自由化をきっかけに増加の一途を
たどっています。

証券会社もインターネット用の口座を作るようになりました。

最大の魅力はネットに接続できる環境ならどこからでも
取引注文が出せることと、窓口注文より安い手数料ですむことです。

インターネットでの取引ができなかった頃は、
決められた時間内での証券会社の窓口や電話による口頭での
注文がメインでした。

証券会社の担当者のところには株取引の発注ができる
コンピューターがあり、注文を受けながらそ
れを操作するという形です。

しかし、インターネットで注文を受け付けることによって、
人の手を介さずに直接コンピューターに注文が出せるように
なりました。

窓口を介さないので人件費がかからず、安い手数料で
取引ができるのです。

また、窓口で受け付ける時のように口頭で注文を
出さずに済むので、一つ一つ確認しながら自分のペースで
注文操作ができますし、途中で注文を迷ったり決断を
翻したりしても人を待たせるようなことにはなりません。

パソコンの操作さえできれば、今まで株取引の経験のない人でも
自由に取引をすることができます。

ネット株の準備



ネット株を始めるとき、まずしなくてはならないのは、
ネット株のできる証券会社に口座を開くこと。
そのほかにもネットが使える銀行などにも
契約しておいたほうが、後々スムーズに取引ができます。

ネット株のできる証券会社では、インターネット決済の
できる銀行を使うと入出金が無料のところが多いので、
よく研究しておきたいですね。

証券会社によって違いますが、ジャパンネットバンクや
イーバンクなどからの入手金は無料になっているところが
多いですね。

次に、ネット株のできる証券会社との契約になりますが、
まずインターネットなどを通じて(電話でも可)
証券会社に資料請求します。

資料が送られてきたら、必要項目を書き、
必要書類を添えて証券会社に返送します。

手続きが終わり次第、再び証券会社から
パスワードやログインIDが書かれた書類と説明書が
送られてきますので、説明に沿ってネット株を始めましょう。


書類の不備等があると、さらに数回証券会社と
書類のやりとりが必要になるので、口座開設までに少し時間が
かかるかもしれません。
早めに申し込みをしておきましょう。

ネット株を有効活用したいですね。


ネット株のメリット



ネット株(インターネット株取引)には、
いままでの証券会社の担当者を通じての取引に比べて
数々のメリットがあるため、個人投資家がどんどん利用しています。


(1)ネット株は手数料が安い

担当者がつかないため、コストパフォーマンスが高く、
電話や窓口などでの注文より
ネット株は手数料が安いことが多いです。


(2)時間が節約できる

証券会社に行かなくても家でネット取引できるので、
時間をかけずに取引ができます。


(3)デイトレードができる

プロが使うツールに近いもので、ザラ場情報もリアルタイムで
入手することが可能なため、即時の発注ができ自宅で
デイトレードができます。


(5)証券会社の思惑に左右されない

 「証券マンの言うとおりに買ったら損をした」という話を
良く聞くことがある。
ネット株では基本的に自分で発注処理をするため、
自分の判断で株を買うことができます。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。