株 IPOブーム


株取引でIPOといえば、
時には式公開時の数倍の値段がつくという
大きな話題となっています。

IPOにはブームがあります。

2004年後半、日本の企業が続々と
最高益の決算を発表し、半年で多くの企業の株価
倍から数倍になりました。

 この時期、IPO(新規公開)は、
成長企業の期待を集め、公開前の価格の数倍の
値段がついたり、そこまでいかなくても
高値の更新を続けました。

の相場が下降し、投資家が悲観的なときは、
IPOが公開されても、公開価格より
安値で売買されるようなこともあります。
企業の人気によっても違いがでます。

価には波があるので、人気で数倍に跳ね上がった
IPO株も、利益を得た投資家が
一斉に売り出し始めると、激しく下降することもあります。

あまりに激しいので、安くなりすぎ、
また爆発的に上昇を始めるなど、非常にギャンブル的な
側面もあります。

優良企業のIPOの公募に当選すれば、ラッキーです。



株 IPOの意味



IPOは、新規株式公開(Initial Pblic Offers)とも言われ、
企業が投資家から資金を調達するために
株式を公開することです。

公開された株式は、証券取引所を介して、
投資家たちに売買されます。

は、長い間投資家によって売買されるうちに、
値動きがパターン化したり、特定企業を好む投資家の
売買の影響を大きく受けたりします。

その結果、裏情報に乏しい個人が利益を得にくいともいわれます。

IPOとしてこれから新しく流通するは、
企業がまだ若くて大きな成長が見込めたり、
パターン化されていない値動きの大きさを期待した
投機的な投資家が集まり、連日激しい値動きを見せたりします。

この売買差益を狙って短期売買を繰り返し、
大きな利益をあげた、という本が多く出されています。

IPO株は、取引開始前に、証券会社が購入者を募集(公募)して、
あらかじめ販売しておきます。

いよいよ新規公開日には取引所を介して
自由な売買が行えるのですが、先にあげた理由により、
公募価格の数倍の値段で売買が始まることもあり、
人気になっています。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。